いらない本眠っていませんか?

いらない本、押し入れの奥にしまっていませんか?本買取を利用して、綺麗さっぱり片付けましょう。 - 不要な本をフリーマーケットに出す。

不要な本をフリーマーケットに出す。

どうしても売れない本があります。
買取を拒否される本も存在します。
それは、バーコードが載っていない非売品の本だったり
不備があって買取の基準外の本です。
捨てるのはもったいないし、1円でも値段が付けば。
そんな本を出す所として、フリーマーケットをお勧めします。

 フリーマーケットで本を売る

フリーマーケットの形態は様々あります。
家庭のいらない物を持ち寄り、自分で値段を決めてそれを見た人が
その場で買っていく方式や、今ではインターネットのサイトで自分で商品を出品する方法です。
どちらも自分で値段を決めますが、人が買ってくれないような法外な値段や
その商品の価値に見合った価格でないと買ってはくれないでしょう。
値段つけは難しいものですが、中古の場合その商品の新品の値段を参考にして
決めたり、他の人が同じ商品や似た商品を出している場合にそれをまた参考にすると良いでしょう。
他の人が決めた値段は相場からいって高いのか、安いのか。
相場に合っているのであれば、過去に売れているはずですし
高いのであれば、今だに売れ残っているでしょう。
売れ残っているのならば、その中より一番安い値段をつければ
買い手にウケがいいかもしれません。
非売品でも、不備のある本でも必要として、欲しい人はいるはずなので
どうしても売れない商品は積極的に活用してみてはいかかでしょうか。
また、付加価値がつくようなサインが入った本も普通の買取店では
買ってくれないことが多いですが、フリーマーケットならば
そのファンが見て、貴重な物であればあるほど、思わぬ高値で売れることも考えられます。
捨ててしまう前に、フリーマーケットに出品して様子を見てもいいのではないでしょうか。
売れるか売れないかだけではなく、買取店との価格の比較にもなります。